ワニに襲われた10歳男児 目に強烈パンチを連打し危機一髪で生還

船で川に出ようとした幼い少年を、ワニが襲撃。少年は脚を噛まれ大ケガを負ったが、見事な反撃で生還した。

社会

2020/04/27 09:40

ワニ
(razihusin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

親戚と釣りにでかけた少年が、川でいきなりワニに襲われ水中に引きずり込まれた。脚に怪我を負った少年は、すかさずワニに猛反撃。親戚の助けもあり、危機一髪で助かった。



 

■親戚と釣りに

マレーシア・サバ州タワウで暮らす10歳の少年が、現地時間4月22日に親戚に連れられ釣りをしに出かけた。

一行が川に到着すると、少年は釣り用の船がある場所まで移動。さっそく船に乗り込む準備を始めたが、川の中で身を潜めていたワニ(クロコダイル)が少年の存在に気づき、その脚に噛みついた。


関連記事:シバター、今日命日のワニにアツい言葉 「寿命ギリギリまで生きようぜ」

 

■激しい抵抗と反撃

ワニに太ももを噛まれた少年は、あっという間に川の中に引きずりこまれた。脚には歯が深く食い込み血が流れたが、少年は痛みと恐怖に耐えながら命がけで反撃を開始。全身の力をこぶしに込めてワニを殴りつけ、そのうち数発が運よくワニの目に命中した。

これに驚きひるんだワニが口を開けた瞬間、すぐそばにいた親戚数名が少年の体をつかみ、川から引き上げることに成功。ケガを負った少年を大急ぎで病院に運んだ。

次ページ
■生還した少年が話題に

この記事の画像(1枚)