『スッキリ』看護師が受けた風評被害にスタジオ怒り 「何を言ってるんだ」

『スッキリ』新型コロナウイルスと最前線で戦う医療従事者たち。しかし、中には「風評被害」を受けてしまう人も…。

エンタメ

2020/04/27 14:30

加藤浩次

27日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、新型コロナウイルスと最前線で戦う医療従事者の実情を特集。クラスターによって風評被害に遭った看護師に、出演者たちが怒りや悲しみの声をあげた。



 

■「明日から来ないでください」

番組では、福岡市の福岡記念病院の内部映像を紹介し、新型コロナウイルスの患者と向き合う看護師たちの姿が放送された。同院ではクラスターが発生したが、それがきっかけで医療従事者たちへの風評被害が起きているという。

上野高史院長がもっとも心を痛めたのは、保育所に通っている子供をもつ看護師が同院に勤務していることを理由に「(子供は)明日から来ないでください」と言われたこと。新型コロナウイルスの問題が解決するまでは子供を預けないでほしい、と伝えられたようだ。


関連記事:保育園受け入れ拒否で悲鳴も ベアーズが医療従事者の託児を半額で提供

 

■風評被害に苦しむ人に同情

患者をベッドから体を起こしたり、食事を口に運んだりと、濃厚接触による感染リスクが高い看護師たち。

風評被害によって子供を保育所に預けられないことについて、ハリセンボンの近藤春菜は「頑張っていただいてるところに、体力だけじゃなくて心まで疲れさせてしまう現状が本当に悲しい。私たちが新型コロナウイルスに対して正しい理解をしないといけないなって思います」と訴えた。

次ページ
■加藤浩次も怒り