櫻井翔が生放送欠席 有働アナがかけた言葉に「お見事」「使いたい」

体温が平熱より少し高かったため、『newszero』への出演を見合わせた櫻井翔。有働由美子アナがかけた言葉に、多くの反響が

エンタメ

2020/04/28 13:00

櫻井翔

27日、アイドルグループ「嵐」の櫻井翔が、レギュラー出演している『news zero』(日本テレビ系)への出演を見合わせた。

体温が平熱より少し高かったため、大事を取る判断とのことだが、そこで有働由美子アナウンサーが櫻井にかけた言葉に、多くの反響が寄せられている。



 

■平熱より体温が高く「大事をとる」

番組冒頭にて、電話出演した櫻井は「体調も全く変化もなく、高熱というわけでもないのですが、今は無理をする選択より、大事をとるという選択が重要かなと思い、申し訳ないのですが、このような形とさせていただきました」と説明。

自身の体調については「体調的には本当に何の問題もなく、そちらに向かいたいくらいの気持ちではあるんですけども…」と、決して体調不良に陥っているわけではないことを強調した。


関連記事:櫻井翔、若手芸人を大物女優と勘違い まさかの人物に「意識飛んだ」

 

■有働アナがフォロー

「申し訳ない」と繰り返す櫻井に、有働アナは「体調は大丈夫と聞いて安心しました。その選択をしてくださってありがとうございます」とフォロー。

そして、「櫻井さんがいない分の穴は埋められませんけど、何とかスタッフで頑張りますので。今日は大事をとって自宅でゆっくりしてください」と、自宅から番組を見守る櫻井に言葉をかけた。


■「素敵」「お見事」

仕事への責任感から、お詫びの言葉を繰り返していた櫻井に、彼の判断を尊重する温かい言葉をかけた有働アナ。

信頼する仕事仲間への最高のフォローに「櫻井さんの穴は埋められませんが、っていう有働さんの言葉もとても温かく素敵、ZERO素敵だ」「翔くんが必要とされてる感じがしてめっちゃ嬉しかった」「お見事」など、視聴者から多くの反響が寄せられている。

中には、「櫻井さんがいない穴は埋められませんがスタッフ一同頑張りますってめちゃ賢いな……今度から私も使ってこ」と、やむを得ない事情で仕事を休む仲間へかける言葉として、お手本にしたいという声も見られた。

・合わせて読みたい→桐谷美玲、結婚から妊娠までが「完璧すぎる」 称賛の声相次ぐワケ

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい