ミッツ・マングローブ、発熱から2週間経過 コロナを疑い不安な人にメッセージ

ミッツ・マングローブがインスタグラムを更新。自身の体調について診断結果を綴った。

エンタメ

2020/04/28 18:20

ミッツ・マングローブ
(写真提供:JP News)

今月10日に発熱や咳、味覚の異変を感じ、新型コロナウイルス感染を疑っていたタレントのミッツ・マングローブ。2週間以上経過した28日、自身のインスタグラムでその後の経過を報告した。



 

■「体調は良くなっています」

「依然として体温は36度台後半から37度台前半を行ったり来たりしている」としながらも、「お陰様でだいぶ体調は良くなっています」と話すミッツ。

昨日かかりつけの病院にて、感染症内科医に肺のレントゲン写真を診てもらったところ、「特に早急な治療を必要とする炎症等はないとの診断」を受けたという。

一連の症状が仮にコロナによるものだったとしても、「経過は良好で、今後急激に症状が悪化する確率は低いだろう」との見方が示されたそうだ。

View this post on Instagram

4月10日に発熱症状が出て17日が経過しました。依然として体温は36度台後半から37度台前半を行ったり来たりしているものの、お陰様でだいぶ体調は良くなっています。 昨日かかりつけの病院にて、感染症内科の先生の診察を初めて受けてきました。 発熱以降の細かい症状の経過確認とともに、胸部のレントゲン撮影をした結果、特に早急な治療を必要とする炎症等はないとの診断を頂きました。 先生の診察によれば、 一連の発熱や咳、味覚障害などといった諸症状が、コロナ関連か否かの「断定的な白黒」は付けられないが、仮にこれがコロナによるものだとしても、経過は良好で、今後急激に症状が悪化する確率は低いだろうとのことです。 万が一、コロナウィルス感染であった場合でも、長くて発症から1ヶ月以内に発熱は収まり、また現段階ではすでに「他者への感染リスク」も下がっていると考えられ、あと2週間ほど様子を見れば心配はなくなるだろうとのこと。 以上、お医者様による診察とアドバイスを踏まえ、私は一連の症状がコロナウィルスによるものであると想定した上で、最低でも(発熱から1ヶ月である)5月10日までは自宅隔離を続けるのが万全かつ賢明と判断します。その後については、再びお医者様のご意見を仰ぎつつ、随時判断していければと思っています。 と同時に、私と同じような迷いや不安を抱えた人たちにとっても、そうした判断を社会にきちんと提示できる「公的な目安」が一日でも早く整い浸透することを望みます。すべての判断基準を医療現場に委ねることは、今は負担が大き過ぎると改めて感じている次第です。 日ごと発表される「感染者数」は、あくまで「検査で陽性が判明した数」であって、世の中にはその何倍もしくは何十倍もの感染者が存在しているだろう……という想像力は、すでに多くの人が持ち合わせていると思います。 しかし「そこに自分も含まれている」と想像できている人が、はたしてどれだけいるか。「まさか自分が」ではなく、「もはや自分も」というスタンスと心構えで、引き続き慎重かつ冷静に過ごしていきましょう。 2020年4月28日 ミッツ・マングローブ ******* たくさんのコメントやメッセージありがとう!私は自宅でマネキンたちに囲まれながらまあまあ賑やかにやってます😁

A post shared by ミッツ・マングローブ【公式】 (@mitz_mangrove) on


関連記事:「買い物も行けない状況」 たんぽぽ白鳥の夫、自宅での看病に激励の声

 

■自主隔離の期間は…

また現在、自主隔離生活を送っているミッツだが、いつまで続けるかについても説明。医師の見立てでは、感染状態であると仮定しても、「現段階ではすでに他者への感染リスクも下がっていると考えられ、あと2週間ほど様子を見れば心配はなくなる」とのこと。

医師の説明に従い、「最低でも5月10日までは自宅隔離を続けるのが万全かつ賢明と判断します」と話した。

次ページ
■「公的な目安を」