68歳女性が双子のママに 超高齢出産には避妊失敗例や育児不能に陥る例も

「我が子をどうしても自分の腕に抱いてみたい」という夢を抱く女性たちに、希望を与える超高齢出産の成功例。しかし手放しで喜べない例もあるようだ。 

2020/04/29 16:40

双子・赤ちゃん
(leungchopan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ナイジェリアの首都ラゴスで今月14日、マーガレット・アデヌーガさんという女性が男の子と女の子の二卵性双生児を帝王切開で出産した。結婚46年目にして体外受精が成功し、68歳での初産だった。近年、超のつくこうした高齢出産例が続々と伝えられているが…。



 

■1997年に60歳女性が自然妊娠

「高齢出産は怖い」とあきらめていた世界の女性たちに、大きな自信と勇気を与えたきっかけとなったのが1997年のあるニュースだ。イギリスのエリザベス・バトルさんという女性が、避妊の失敗による自然妊娠で60歳にして男児を出産したのだった。

40代で妊娠すると流産の確率が約4割。さらに赤ちゃん80人にひとりがダウン症を持って誕生するともいわれている。確率はすべて年齢が上がるごとに跳ね上がるため、60歳で健康な赤ちゃんを出産したバトルさんの話題は世間を仰天させた。


関連記事:19歳の母が産んだ新生児の顔に深い切り傷 医師の説明にショック隠せず…

 

■手放しで喜べない例も

昨年9月、インドのアーンドラ・プラデーシュ州で74歳の女性が双子の赤ちゃんを出産し、世界最高齢だと話題になっていた。ドナーから提供された卵子を利用し、結婚57年目の快挙だったという。

しかし夫妻はその直後に悲劇に見舞われてしまう。初産だった産後の母体について集中治療室での観察が続くなか、赤ちゃんの80歳の父親が脳卒中で倒れ、「赤ちゃんはいったい誰が面倒をみるのか」ということになったのだ。

次ページ
■希望者と医師のニーズは一致

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

出産子育て妊娠育児避妊高齢出産中絶子宮ナイジェリア卵巣
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング