星野源も絶賛 ザ・リーサルウェポンズの世間を励ます楽曲が最高すぎる

ザ・リーサルウェポンズが新型コロナウイルスに対する楽曲を公開し、多くの人を元気づけている。

エンタメ

2020/04/29 11:30

ザ・リーサルウェポンズ
(画像はザ・リーサルウェポンズ公式twitterのスクリーンショット)

新型コロナウイルスの影響で、暗いニュースを目にすることも多くなった一方で、そんな落ち込んだ気持ちを払拭するべく多くのアーティストが立ち上がり、世間を元気付ける取り組みを行なっている。

そんな中、ロックユニット「ザ・リーサルウェポンズ」もある楽曲を通し、人々にエールを送り話題になっている。



 

 

■ザ・リーサルウェポンズとは…

ザ・リーサルウェポンズとは、アメリカ人でメインボーカルの「サイボーグジョー」と、日本人でプロデューサーやギター、キーボードを担当する「アイキッド」による、2人組のロックユニット。

「アイキッドがサイボーグジョーを発明した」というまさかの関係(設定)の二人だが、生み出す楽曲は本物。

ユニットのブレインであるアイキッドは、過去に「ももいろクローバーZ」「上坂すみれ」など第一線で活躍するアーティストへの楽曲提供の実績もあり、インディーズデビューから1年経たずに千人規模のワンマンライブチケットが即日完売する人気ぶりだ。


関連記事:星野源『うちで踊ろう』コラボにまさかのsiri参戦 実際にリクエストすると…

 

■話題の曲はこれだ

そんな彼らの、話題に楽曲がこちら。曲名が『コロナマザーファッカー』とかなり攻めたものだが、聞くと「新型コロナウイルスに打ち勝とう」という強い思いが前面に押し出されていることがわかる。

実際、冒頭には「コロナウイルスはめちゃくちゃ不便! そしてメ・イ・ワ・ク!」とサイボーグジョーは怒りをあらわにする。

ちなみに、これは彼らが過去にリリースした楽曲の替え歌であるのだが、YouTubeではすでに7万回以上もの再生がされている。


■星野源も「元気もらった」

なお、アーティストの星野源も自身のインスタグラムのストーリーにて、「元気もらった」と楽曲を絶賛。

そんな彼らの楽曲は多くの人々の心に響いたようで、動画のコメント欄には「確かに元気になりますね」「動画ありがとう! みんなでなんとか乗り切りろう!」「訳わかんないんだけど、なぜか涙出てきた」「なんかオススメに出てきて元気貰ったわ」と称賛の声が集まっていた。

つらく苦しい今だからこそ、この曲を励みにして乗り切りたい。

・合わせて読みたい→川口春奈、星野源の『うちへ踊ろう』に参戦 ノースリーブで犬とダンス

(文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事の画像(1枚)