新型コロナの入院で発覚 認知症女性の宝飾品を盗んでいた介護ヘルパーを逮捕

新型コロナウイルスに感染した場合、高齢者ではあっという間に重篤化してしまうことがある。 

社会

2020/04/30 09:20


 

■クレジットカードも悪用か

デンバー警察はその後、日本円にして140万円ほどの価値があるダイヤモンドの婚約指輪ほか、数点の宝飾品を質屋に持ち込んでいたエリザベス・ダニエルズ(29)を逮捕。この女はバーバラさんの介護にあたるヘルパーだった。

ダニエルズはまた、バーバラさんの死亡当日にクレジットカードを盗み、不正使用した疑いももたれている。そのため、盗品を質屋に売却した重罪も含め、起訴にあたって罪状は複数におよぶとみられている。


関連記事:新型コロナ無症状30歳女性、CTスキャンで両肺に陰影 家族の死で偶然発見

 

■「ひどい裏切り」と家族

その認知症ケア棟で新型コロナの感染が広がっていたこともあり、4週間にわたり家族は誰ひとりバーバラさんに会いに行くことを許されなかった。

自分の身辺で起きていることを、なかなか説明できないことが多い認知症の人たち。介護してくれるスタッフの誠実さを常に信じていただけに、このような裏切りに対する家族の怒りは非常に大きい。指輪は幸い回収され、遺族の元に戻っているという。

・合わせて読みたい→医療従事者のコロナ感染死がイタリアで100名超える 疲弊と感染で自殺2名も

(取材・文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)