ベッドにいる姿を継父に見られた10代カップル “殺し屋”に親殺しを依頼し逮捕

恋人の嘘を信じ、その親に激怒したある青年。ついには「死んでもらうしかない」と決意し、殺し屋を雇うことに…。

社会

2020/05/03 08:20

殺し屋
(Motortion/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

恥ずかしい姿を親に見られ激しく動揺した少女が、恋人にとんでもない嘘をついた。すべてを信じた恋人は復讐を決意し、少女の同意を得て殺害計画を立てた。



 

■恥をかいたカップル

米国・ペンシルベニア州で暮らす16歳の少女が、自宅のベッドで19歳の青年と過ごす姿を血のつながらない父親に目撃された。

激しく動揺し立ち直れずにいた少女は、あるとき青年に連絡。「実は父親に性的虐待を受けているの」などと嘘をつき、父親を悪者に仕立て上げた。これを信じた青年は、少女の父親を憎むように。ついには強い殺意を抑えられなくなり、少女とも殺害について話し合うようになった。


関連記事:ホラー映画にはまった10代少女 6歳男児を殺害し「満足しました」

 

■殺し屋候補を探すことに

「殺すしかない」と思いつめた青年は、知人にメッセージを送信。「彼女の父親を殺したい」「殺害後は遺体をどこかに捨てるしかない」という内容を受け取った知人は、青年のために殺し屋候補を見つけ紹介した。

その後ほどなくして殺し屋候補に連絡した青年は、「あの男には消えてもらわなくちゃ」「でも何も聞かないでほしい」と要求。

少女には「オヤジさんが死んでも大丈夫だよね」というメッセージを送り、「話し合いはしたはずよ」「パパに対する愛情はない」という返事があったことから、改めて殺害を決意したという。

次ページ
■逮捕されたふたり

この記事の画像(1枚)