加藤浩次、ガールズオーディション『Nizi Project』で憤慨 「厳しすぎでしょ」

『スッキリ』でガールズオーディション『Nizi Project』を特集した結果…

エンタメ

2020/05/05 16:40


 

◼加藤は評価に不満

しかし、J.Y.Parkは「Niziキューブ」をリマに渡さなかった。これに加藤は騒然、「なんなの」「カラすぎ(厳しすぎ)でしょ」と納得できない表情を浮かべる。

いまだ3名しか手にしていない「Niziキューブ」について「キューブ、カラすぎませんか?」と加藤はキレ気味。「もしくはキューブの数がないかだね。(事前に)工場で3個しか作ってない」と用意していたキューブの数が少ないのではと推測し笑いを誘った。


関連記事:加藤浩次、『スッキリ』欠席の理由に視聴者驚愕 「大丈夫なの…?」

 

◼視聴者も反応

J.Y.Parkもパフォーマンスに満足しているように見えたが、厳しすぎるジャッジでキューブが贈られない状況が続いている。今回はさすがに加藤も納得できなかったようだ。

視聴者からは「加藤浩次のリマちゃんへのキューブの反応がわたしと同じだった!」「ホント、加藤さんと同じこと思ったわwwキューブ余分に作っとらんのかって!」「リマちゃん推しの加藤浩次がキューブ貰えなくて怒ってんの笑うんだけどwww 」と多くの感想が寄せられている。

加藤は不満なようだったが、J.Y.Parkの厳しい判断を乗り越えなければデビューは出来ない。今後どのような波乱が起きるのか、ますます注目が集まりそうだ。

・合わせて読みたい→『スッキリ』加藤浩次、コロナ検査に関する疑問を熱弁 「よく言った!」

(取材・文/しらべぇ編集部・サバマサシ