コロナ克服芸人が語る「入院に際して用意すべきもの」が話題 感謝の声集まる

ラジバンダリ西井がブログを更新。入院する際に必要だったものについて細かく綴った。

話題

2020/05/05 17:40

入院
(gorodenkoff/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

新型コロナウイルスに感染して入院し、4月27日に退院したお笑いタレントのラジバンダリ西井が、5日に自身のブログを更新。入院する際に必要だったものについて細かく綴り、ネット上に「参考になる」と称賛の声を集めている。



 

■費用の内訳は…

発症から回復までの道のりを、時系列で日毎に綴っている西井。この日は「4/8 発症5日目」と題しブログを更新。高熱に腹痛、下痢、頭痛、食欲減退などさまざま症状が出ているにも関わらず自宅療養していた西井だが、同日にようやく病床が空き、入院できることに。

その際、役所の側から入院に際して必要なものについて「健康保険証、病院の診察券、印鑑、薬、洗面用具、メガネ、着替え、お薬手帳、お金」と教えてもらったという。

さらにお金については、「飲み物やシーツ代、クリーニング代など雑費を支払うためのもの」と、詳しい案内があったそう。それ意外については自身の判断で、「マスク、携帯電話、携帯の充電器も持って行きました」と語った。


関連記事:笠井信輔アナ、病室から国民に懇願したこと 「批判来るかもしれないけど…」

 

■その後に必要になったもの

また入院中に必要だと気づいた「爪切り、綿棒、髭剃り、手鏡、毛抜き、ボディペーパー、イヤホン」などについては、妻に差し入れてもらったと話す西井。

そのうえで、「今は外出自粛が大事な時期なので、大切な人に外出をお願いしないためにも、予め持っていけるものは準備しておいた方が良いかもしれません」と読者に訴えた。
次ページ
■「本当に助かります」