こすったカカトの粉を友人のパルメザンチーズに混入するいじめ 看護学生3人を逮捕

学業・人物ともに優秀と評価されていた女子学生たちが、なぜそんな陰湿なイジメを働いたのか…。

社会

2020/05/07 09:40

かかと
(majivecka/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

言葉で罵ったり、体に攻撃を加えたりしなくても、暴行罪に相当するイジメがいくつかある。その一つが飲食物への異物混入だ。健康被害を与えたか否かにかかわらず、逮捕すらされることを忘れてはならない。



 

■女子学生寮で陰湿なイジメ

米国・アイオワ州シェルドンにあるノースウエスト・アイオワ・コミュニティカレッジ。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、現在はシェルドンの町もキャンパスもロックダウン(都市封鎖)に陥っているが、事件はその直前の女子学生寮で起きていた。


関連記事:インパルス・板倉俊之、“白い粉”が自宅に… 「確実に検査される」

 

■何も知らずターゲットの学生は…

3月13日の夕食時、寮の食堂で1人の女子学生が食事をとる様子をじっと見つめていたアン・C(20)、カイヤ・イレーン・K(19)、エリー・T(20)の3人。その学生が袋入りのすりおろしチーズをトッピングに振りかけた瞬間、笑いをこらえているようにも見えた。

だが、「あのチーズは私たちのかかとのガサガサを削った粉入り」と自慢げに話しているのを偶然耳にした者がおり、3人の悪事は警察に通報された。

次ページ
■実害がなくとも暴行罪に

この記事の画像(1枚)