外出自粛を頑張る人たちへ… 藤井貴彦アナの言葉に「グッときた」

6日、緊急事態宣言後もっとも少ない感染者数だった東京都。『news every.』で藤井貴彦アナウンサーが、外出自粛を頑張った人に労いの言葉をかけた。

エンタメ

2020/05/07 05:30

座り込む女性
(monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

通常どおりのGWであれば、屋外のレジャーなどを楽しむはずだった多くの人たちが、新型コロナウイルスの感染防止のため外出自粛を余儀なくされた。

このことについて、6日放送の『newsevery.』(日本テレビ系)での藤井貴彦アナウンサーの言葉が反響を呼んでいる。



 

■外出自粛した人に労いの言葉

この日、東京都では38人の感染者数が確認された。これは、緊急事態宣言後からもっとも少ない感染者数だが、藤井アナは「GW中で検査数が少ない可能性もあります」とコメント。

そして、この日が当初の緊急事態宣言最終日だったことに触れて、「自粛に応じて家に居てくださった皆さん、まずはここまで本当におつかれさまでした」と視聴者たちに労いの言葉をかけ、「一方で、明日から今月末までの延長が決まっています。引き続き、皆さんのご協力をお願いいたします」と呼びかけた。


関連記事:藤井貴彦アナ、強く外出自粛を訴え称賛殺到 「足並みが揃わなくても…」

 

■「攻めの戦い」が始まる

また、7日から特定の地域では店の休業要請が解除され、学校が再開されることについて「今まではウイルスから身を守る守備的な戦いでしたが、ウイルスとともに生きる攻めの戦いも始まります」と話す藤井アナ。

「しかし、2週間後の未来をつくるか、2週間前に戻るかはこのあとの皆さんの行動にかかっています。勝負に勝つのは失点をしないこと。引き続き、人との距離を取る鉄壁のディフェンスをお願いします」とあらためて注意を促した。

次ページ
■「心に染みる」と反響相次ぐ

この記事の画像(1枚)