ダレノガレ明美、ネットニュースの虚偽報道に抗議 所属事務所が警告書送付

ダレノガレ明美が7日、自身のインスタグラムを更新。自身の虚偽報道について言及した。

2020/05/07 14:00


ダレノガレ明美モデルでタレントのダレノガレ明美が7日、自身のインスタグラムを更新。一部報道で虚偽のニュースが流されたことについて言及し、「ネットニュース配信元に対して、所属事務所が内容証明を出しました」と明かした。


 


 

■虚偽報道に苦言

ダレノガレは5日に更新したツイッターにて、一部のネットニュースを張り付け「わたし、マトリいるらしい もし本当なら情報でてるぞ警察。そして、いつでも目の前で検査します!」とツイート。

「こういうの本当に営業妨害だからそろそろ法的な措置するかんがえでいます!」「書く事ないからって適当な記事書くのやめなさいよ」と苦言を呈していた。


関連記事:志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 悲しみと「怖い」の声広がる

 

 

■「誤解されショック」

そしてこの日、虚偽報道について「沢山の方に誤解をされてしまいショックを感じております」と心境をつづりながら、タレント活動に支障が出てもおかしくない内容だったとした上で、「所属事務所に相談し、ネットニュース配信元に対して、所属事務所が内容証明を出しました」と報告。

「1度掲載された記事は決して消すことはできません。記事削除してもネットには一生残るものです」と記した。ツイッターでは「私から一言 デタラメ記事やめな~訴えられるよ~」と訴えている。

https://www.instagram.com/p/B_3p9i8Anxm/

関連記事:ロッチ中岡を脅迫した人物が逮捕 所属事務所は「迅速かつ毅然と対応」

 

 

■所属事務所も見解発表

所属事務所「LIBERA」も公式サイトにて「あたかもダレノガレ明美に薬物使用の事実があるような報道がなされ、それにより各種SNSにて情報が拡散されている状況がございました」と説明。該当記事は、現在削除されているという。

しかし、「今回のような虚偽のニュースを記事の削除をもって看過する事はできないと判断し、内容証明で警告書の送付を行い、このような虚偽の記事が掲載された経緯の説明と訂正謝罪記事の掲載を求める所存です」とし、万一要求が通らない場合は「断固として法的手段により対処して参ります」とした。

ファンからは「フェイクに負けるな」「本当のファンだったらあーいうデマは全然信じてないので大丈夫ですよ」「ダレちゃんを信じてるから、あんなデマ記事には踊らされません!!」と心強いメッセージが寄せられている。

・合わせて読みたい→有吉弘行、ダレノガレ明美に厳しすぎる本音 「芸能界で一番嫌い」

(文/しらべぇ編集部・荒井どんぐり

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

ツイッターネットニュースインスタグラムダレノガレ明美LIBERA法的手段
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング