休業中の居酒屋から人手不足のスーパーに ワタミ従業員がロピアに出向

緊急事態宣言延長に伴い休業中のワタミの従業員がスーパーマーケットのロピアに出向 人手不足のスーパーで接客経験をいかす

社会

2020/05/07 18:40

国内外食店舗約400店が休業中のワタミが、スーパーマーケットなどを運営するロピアと出向契約を締結したことを発表し、反響を呼んでいる。



 

■「人手不足解消」と「働く場所の確保」

和民

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、4月13日から国内外食店舗約400店を臨時休業しているワタミ。7日には、緊急事態宣言延長に伴い休業中の同社の従業員が、ロピアの展開する食品スーパーマーケットに出向するという契約を締結したことを公表。

食品や日用品の需要拡大により客数が増加しているスーパーマーケットに、休職扱いになっているワタミの従業員が出向することで、「人手不足解消」と「働く場所の確保」を同時に解決しようという取り組みに、注目が集まっている。


関連記事:緊急事態宣言後初めての週末 スーパーが「消費者に協力してほしい」こと

 

■接客や調理の経験をいかす

ワタミから出向する従業員は、接客や調理の経験をいかし、首都圏1都3県に48店舗を展開するロピアの店内業務に当たるとのこと。

さらにワタミは、今回の人事交流によって異なる業種での仕事を経験することで、「新たな知見を得て視野が広がる」という相乗効果を期待するという意図を明らかにしている。

次ページ
■コンビニ派より多いスーパー派

この記事の画像(2枚)