柏木由紀、褒め言葉への反応に共感の声続出 「自己防衛しちゃう」

AKB48の柏木由紀がnoteを更新。褒められたときの反応について語った。

エンタメ

2020/05/09 18:00

柏木由紀

アイドルグループAKB48の柏木由紀が9日にnoteを更新。褒められたときの反応について語り、注目が集まっている。



 

■「なんてひどいことを言っていたのだろう」

柏木は「これも自分用のメモです」と前置きしたうえで、「人に褒めてもらったとき。『嘘だーー』『またまたーー』と言ってしまうのをやめたい、です」と、自身の褒められたときの反応について語った。

止めたい理由については、「褒めてくれた人に対して、嘘つき呼ばわりだなんてなんてひどいことを言っていたのだろう、とふと思ったのです」と明かしている。


関連記事:柏木由紀、“あざとい”の意味に持論展開 「めっちゃ斬新」の声相次ぐ

 

■自己防衛をしてしまう

また「褒め言葉を『お世辞だとわかっていますよ』みたいな意味合いで『嘘だ』と言っていたのですが…なんだか周りくどい自己防衛だなぁ、と」「素直に『ありがとう』と言ってしまったら、『お世辞なのに本気にしてるよ』とか思われてしまうんじゃないか、なんて気にしてしまうんですよ」と明かした。

柏木はアイドルとして活動しているため、人より褒め言葉を貰う機会が多いだろう。そのため言葉の真意を深く考えてしまうのかもしれない。

次ページ
■素直に生きたいと語る