2人に1人が心の狭さを自覚 「気づいてさえいない人がほとんど」との声も

広い心を持って、たくさんの人と親しくなりたいものである。しかし実際には、狭い心で悩んでいる人も多いようだ。

人間関係

2020/05/10 19:30


 

■たとえ広い心を持っていても

心が広いと思っている人でさえ、ときにはいらつくときもあるようだ。

「家ではすっかり、妻の尻に敷かれている。会社でもおとなしい性格だと言われているし、心は広いほうだと思っている。


そんな僕でもたまにはいらつくこともあり、完全な聖人にはなれない。そこを『心が狭い』と言われるのなら、文句はいえない。ただそれだと、ほとんどの人の心が狭いことになる」(30代・男性)


関連記事:「しつこい性格と自覚あり」半数も 同じ人に何度も告白した男性の結末は…

 

■本当に心が狭い人は…

本当に心が狭い人は、自分で気づいていないとの声も。

「自分で『心が狭い』と認めるような人は、とても謙虚な人。心が狭いのではなく、むしろ寛大な心を持っている人も多いのでは?


本当に心が狭い人は、自分でそのことにさえ気づいていない人がほとんど。自分では『優しい人』とか勘違いしていることもあり、そこがまた厄介なところ」(40代・男性)


どのような人の心が広いといえるのか、定義が難しいところでもある。

・合わせて読みたい→7割は「ダラダラする時間が好き」 一方で罪悪感を感じる人がいる事実

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女1,798名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)