滑走路をうろつき着陸直後の飛行機に衝突 身元不明の男性が即死

夜間の空港の滑走路に、男はどのように忍び込んだのだろうか。

社会

2020/05/11 10:40

空港・飛行機
(YakobchukOlena/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「エプロン」と呼ばれる空港の駐機場、そして誘導路や滑走路には航空機周りの不測の事故を防止するための厳しい安全基準があり、外部の人の侵入は厳禁だ。そんな中、アメリカで予想外の死亡事故が起きてしまった。



 

■「人のような何かが…」

米国・テキサス州のオースチン・バーグストロム国際空港で現地の7日午後8時12分、東側の滑走路「17R」をうろついていた男が着陸直後のボーイング737型旅客機にはねられ、即死した。

パイロットは管制塔に「何かをはねそうになった。人のように見えた」と報告し、管制官の指示によりそのままゲートへ。点検車両が滑走路へ確認に向かったところ、倒れている男性を発見した。即死の状態だったという。


関連記事:「新型コロナウイルス感染した母と接触した」 乗客の嘘で機内がパニック状態に

 

■男の身元は不明

アメリカ連邦航空局(FAA)の発表によれば、トラブルに巻き込まれたのは同州ダラス発から飛んできて着陸したサウスウエスト航空1392便。

死亡した男は身分証明書も持たず、ユニフォームなどを着用していないことから、空港で働くスタッフではない可能性があるという。

次ページ
■警備にぬかりは…

この記事の画像(1枚)