コロナビール「陳列場所」の違和感がスゴい 思わず二度見するレベル

新型コロナウイルスの流行に伴い、「名前が似ている」という理由で風評被害が危惧されているコロナビール。店に向かってみると…。

話題

2020/05/11 05:45

コロナビール

事件や災害などに全く関係がないのに、謂れがない批難を受けてしまうのがいわゆる風評被害。新型コロナウイルスが猛威を振るっている昨今では、メキシコのモデーロ社が製造する『コロナビール』の印象が悪くなっているようだ。



 

■「名前が似ているだけ」というド正論

当然のことながら、コロナビールと新型コロナには何の関係もない。しかしメキシコ政府は新型コロナの感染拡大を抑えるため、コロナビールの製造を「不要不急の事業」と認定。そのため風評被害とは異なる理由で、現在は製造を停止している。

ネット上を見ると、コロナビールファンの悲しみが伝わってくるコメントが非常に多い。しかし「名前が似てるだけなので、私は気にせずこれからも飲みます」「『コロナビールが好き』って胸を張って言えます」「コロナビールには何の罪もない」といった前向きな声も多く、ファン同士の結束が強まっているようにも感じる。


関連記事:新型コロナ給付金が出ずイライラ 妻を焼き殺そうとした男が逮捕

 

■店内の販売状況は…

やはり製造中止の影響もあるのか、記者(私)は近ごろ商店などでコロナビールを見かけた記憶がない。そこで、豊富な品揃えに定評がある『ドン・キホーテ』をチェックしてみることに。

「すぐに見つかるだろう」と気軽に考え、アルコール類を販売するフロアを散策してみたが、一向に見当たらない。そこで近くの店員に訊ねてみたが、なんとその店員も心当たりがないようで、他のスタッフに訊ねだす始末。次第に嫌な予感が強まってきたが…。

次ページ
■「陳列場所」に驚いた

この記事の画像(2枚)