『横浜中華街』でもマスクが大量販売中 肉まんよりマスクが目玉商品になる事態に

横浜中華街で肉まんよりマスクが目玉商品に

話題

2020/05/12 10:20

神奈川県横浜市の一大観光スポット『横浜中華街』。新型コロナウイルスの影響が出る前は休日・平日問わず多くの観光客でにぎわう場所だった。


画像をもっと見る

 

■中華街がゴーストタウンに

しかし、記者が平日昼に訪れると、やはり外国人観光客が来れず、日本人も外出を自粛していることもあって、ほぼ客のいない寂しい状態になっていた。

飲食店は記者の体感だが半数以上が休業しており、わずかに来ていた観光客も「ぜんぜんご飯食べるところないね…」と、がっかりしていたようだ。


関連記事:新大久保で大量のマスクが投げ売り中 現場で感じた「とてつもない違和感」

 

■人気店も休業中

休業している店舗として、肉まんの名店『皇朝』や…

横浜中華街を代表する中華料理店『聘珍楼』も休業を余儀なくされていた。

次ページ
■肉まんよりマスクが目玉商品

この記事の画像(16枚)