クリス松村、マスク・消毒液の値崩れを報告 独自の「マスク二重づけ」も話題に

クリス松村が、高値で転売されているマスクや消毒液に、値崩れが起きていることを報告した。

エンタメ

2020/05/12 09:00

マスク
(Tatyana Azarova/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

タレントのクリス松村が11日、自身のブログを更新。インターネット上で転売されているマスクや消毒液に、値崩れが起きていることを明かした。



 

■「正常な値段に戻りそう」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で品薄となり、高値で転売されているマスク。

クリスによると「先週まで、マスクといったら、かなりの品薄で、どこのマスクだかわからないものまでもが、かなり高い値段で販売されていましたが、今日、いろいろインターネットで見てみたら、私の見たところでは値崩れが起きています」という。

マスクと同じ必需品となっている消毒液に関しても「1日1日、正常な値段に戻りそうな感じです」と回復傾向にあることを報告。「転売商売も一気に終わりが見えてきました」と喜んだ。


関連記事:秋野暢子、ネットで60枚入りマスクを購入 その値段に「びっくり」

 

■外出時はオリジナルマスク

そんなクリスは、外出時「マスクは2重で、下にダチョウの卵の抗体マスク」「上は、水着素材のマスク」と、オリジナルマスクで完全防備。

「外側に水着のマスクをすることで、常に外側についているかもしれないウイルスなどを洗い流せるからです。洗ってもすぐ乾いて、丈夫。水着素材なので取り扱いに大した注意もいらないというわけです」と利点を説明。

「いったんおさまっても再び流行るという実例も起きていて、マスク生活は、長引きそうなので、重宝しそうです」とつづった。


■クリスのアイデアを参考にする人も

コメント欄には「一日も早く適正価格で購入できるようになることを願っています」と祈るファンの姿が。

また、「これから、マスクは水に強いものも一つ用意しておいた方がよさそうです。クリスさん仰るとおりにウイルスを流してくれる効果期待できそうです」と、クリスのオリジナルマスクを絶賛する声や、「私も水着素材のマスク取り入れたいと思います」と、アイデアを参考にするユーザーも見受けられた。

緊急事態宣言の影響で感染者数は減少傾向にあるだけに、マスクバブルがはじける日も近いかもしれない。

・合わせて読みたい→布マスクの配布に伴いメルカリが取った行動 「対応が早いのは感心した」

(文/しらべぇ編集部・RT