石田純一、退院を報告 直筆文で謝罪と感謝「子供たちとまた人生を共に…」

新型コロナウイルス感染により入院していた石田純一が、13日に自身のブログで退院を報告した。

話題

2020/05/13 15:00

石田純一

新型コロナウイルスに感染し入院していた俳優の石田純一が、13日に自身のブログで退院を報告。現在の心境を、直筆でつづった。



 

■沖縄で発熱感じる

先月15日、事務所関係者を通じて感染を公表した石田。その主な経緯については、同月10日に仕事で沖縄に行き、その翌日に体のだるさを感じたため13日に東京へ戻るまでホテルで休息、14日にPCR検査を受けた結果15日に感染を確認……というものだった。

回復を祈る声も多数あった一方、仕事とは言え、緊急事態宣言下に県外へ赴いたこと、また同県でゴルフをしていたという情報などを受け、一部からは批判の声も集まっていた。


関連記事:石田純一、新型コロナウイルスに感染 沖縄で「体調不良」感じていた

 

■「不快な思いを…」と謝罪

退院後に更新したブログでは、まずはこの批判に応えるかたちで「この度、私、石田純一が新型コロナウィルスによる肺炎に罹患したことで多くの方々にご迷惑をおかけし、不快な思いにさせてしまったことを深くお詫び致します。大変申し訳ありませんでした」と謝罪。

その後、「私は5月12日(火)に退院することが出来ました。適切な治療と温かい看護のお陰です。本当に、本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを綴った。


■「子供たちとまた人生を共にする」

さらに、石田の直筆メッセージは続く。「家に帰る私のこの第一歩は、世間的には取るに足らない小さな一歩でしかありません。しかし我が家にとっては、子供たちとまた人生を共にすることを許された大切な一歩です」と、現在の喜びの心境を吐露。

「新感染症とのたたかいは、今回限りではないでしょう。未知との奮闘はこのあと何度も続くと思われます。とはいえこの度のパンデミックに対し、叡智と共に不退転の勇気で立ち向かわれた方々の、献身と成果がすでに快挙です」とつづり、最後に「みんなで心を寄せ合い、 協力し合って何とか乗り越えたい」と決意を表した。

退院を報告したブログ記事には、安堵したファンからのコメントが多数寄せられている。

・合わせて読みたい→コロナ感染の石田純一は東尾修と会っていた? 東尾理子のSNSに心配の声

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太