『ユニクロ』から届いた商品を開封すると… 「細やかな気遣い」に感動した

オンラインショッピングで購入した『ユニクロ』の商品が到着。中を見てみるとそこには…。

話題

2020/05/14 05:45


 

■ついに商品が到着

かくいう記者(私)も「店舗受け取り」サービスのヘビーユーザー。しかし今回は、商品が店舗に届いたのとほぼ同日に「緊急事態宣言」の発令で該当店舗が休業に。

今回の方針転換を受けてユニクロからは商品が配送されてきたが、受け取ったのは5月13日。購入を確定してから、ひと月以上が経過している。しかしユニクロは、そんなユーザーの「不満」にも手厚いケアを施してくれた。


関連記事:新型コロナの影響で臨時休業のユニクロ 「通販で買う最大のメリット」に納得

 

■同封されたメッセージ

ユニクロ

届いた商品はいつもの段ボールではなく、紙袋に包まれていた。やはり急な対応変更が求められ、「これまで通り」の形で配送することが難しくなっているのだろうか。

同封されたメッセージを見ると、ある一文が記者の目を引いた。「季節柄ご不要でございましたら…」という書き出しから、「着払い」での返品方法が記されていたのだ。

ユニクロ

他のシーズンの服と比べ、寿命が極端に短いのは春服の宿命。さらに今年は「緊急事態宣言」の影響で商品の入手時期が大きく後ろ倒しになり、狙ったタイミングで春服を入手できなかったユーザーがかなり多いと思われる。

ユニクロ

そんなユーザーたちの気持ちを汲み、細部まで行き届いたフォローを実現したユニクロ。多くの人々に支持される秘訣は、値段や品質だけでなく、きめ細やかなホスピタリティにも関係がありそうだ。

・合わせて読みたい→ユニクロ・ANNA SUIコラボ服が衝撃の低価格 2990円スカートは即完売

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(3枚)