ミッツ、自主隔離生活を終え外出 「40日ぶりに近所を歩きました」

ミッツマングローブがインスタで自主隔離生活を終え、近所の散歩をしたことを明かした。

エンタメ

2020/05/14 06:30

13日、タレントのミッツ・マングローブがインスタグラムを更新。体調が悪くなり自主隔離生活をはじめて以来、40日ぶりに外出したことを明かした。



 

■1ヶ月の自主隔離生活

先月10日に発熱や味覚の異変など感じ、新型コロナウイルスの感染を疑っていたミッツ。自身の判断で1ヶ月の間、自主隔離生活をしていたが、8日にはインスタで体調が回復したことを報告していた。

同投稿では、PCR検査を受けられなかったのは、「症状や体温が基準を満たしていなかった」としつつ、「自主隔離は最善の行動だった」と理由も綴っている。


関連記事:ミッツ・マングローブ、発熱から2週間経過 コロナを疑い不安な人にメッセージ

 

■「40日ぶりに…」

View this post on Instagram

40日ぶりに近所を歩きました。普段は夜中まで酔客たちがふらふらしている通りに人の影や気配はなく、店の灯りもほとんど消えて。この現実がいつまで続くのか分かりませんが、街が街としてこれからも続いていくために、とりあえず出来るだけ毎日、界隈のテイクアウトやデリバリーを食べ尽くしていこうと思います。ちなみに今日は『羅生門』の焼き肉弁当とサラダ。皆さんも地元や行きつけのお薦め店やメニューがあれば教えてください。食いしん坊な女装仲間が全国に散在してるので。 #羅生門曙橋店 #新宿 #四谷 #曙橋 #テイクアウト #時短営業

A post shared by ミッツ・マングローブ【公式】 (@mitz_mangrove) on

ミッツは、13日の投稿で「40日ぶりに近所を歩きました」と1ヶ月以上の自主隔離生活を終え、いつもの生活に戻ることを伝えた。

久しぶりの外出に「普段は夜中まで酔客たちがふらふらしている通りに人の影や気配はなく、店の灯りもほとんど消えて」としており、街の変貌を感じたようだ。


■「食べ尽くしていこう」

続けて「この現実がいつまで続くのか分かりませんが、街が街としてこれからも続いていくために、とりあえず出来るだけ毎日、界隈のテイクアウトやデリバリーを食べ尽くしていこうと思います」と飲食店の売上に少しでも貢献できるように、テイクアウトやデリバリーサービスを使っていきたいと表明。

本日のご飯は「『羅生門』の焼き肉弁当とサラダ」と明かしつつ、「皆さんも地元や行きつけのお薦め店やメニューがあれば教えてください。食いしん坊な女装仲間が全国に散在してるので」とファンに問いかけた。

コメントには、体調が戻ったミッツへ安堵の声や問いかけに答えるように、全国のおすすめ飲食店情報が集まっている。

・合わせて読みたい→米国帰りの若者が自主隔離を守らずパーティへ 新型コロナ大量感染で禁錮15年か

(文/しらべぇ編集部・Aomi