コロナ禍で増える在宅勤務 「収束後も続けたい」と感じる人も

収束しても、在宅勤務したい

2020/05/15 10:40

テレワーク
(ake1150sb/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言から1ヶ月程度にもかかわらず、その間で生活が大きく変わった人も少なくないだろう。

なかでも会社員の労働形態は激変。在宅勤務者が増加し、「全く会社に行ってない」人も。そんな人からは「毎日会社に行く生活、もう無理かも…」「このままずっと在宅がいい」という声も出ていると聞く。


画像をもっと見る

 

■コロナ収束後も在宅勤務したい?

世間の有職者はコロナ収束後の「在宅勤務」についてどう考えているのか。しらべぇ編集部は全国の20~60代の有職者811名に意識調査を実施。結果、「収束後も在宅勤務をしたい」と答えた人は37.1%、家で仕事をするよりも、「会社に行きたい」と考えている人が多いことがわかった。


関連記事:矢部浩之、岡村隆史に公開説教「景色を変えた方がいい」「性格変えろ」

 

■女性の割合が高め

在宅勤務希望者を年代別に見ると傾向が出た。全体的に女性の割合が高く、30代は53.8%。小さい子供を抱えながら仕事をしている人も多い世代だけに、通勤しないほうが楽と考えているのか。ただし、40代は29.6%と会社出勤を希望する人が多くなっている。年代で意識が異なっているようだ。

→Amazonタイムセール祭り9月24〜27日 ポイントアップ&配送料無料商品多数

次ページ
■在宅勤務を希望する人の声は
会社通勤調査出勤在宅勤務新型コロナウイルスWeb
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング