小池都知事、新型コロナウイルス「第二波」を警戒

15日、小池百合子東京都知事は定例記者会見に臨み、「緊急事態宣言」解除後の営業自粛や、外出自粛の緩和などを盛り込んだロードマップを策定中であることを明かした。

政治

2020/05/15 18:20

小池百合子都知事

15日、小池百合子東京都知事は定例記者会見に臨み、「緊急事態宣言」解除後の営業自粛や、外出自粛の緩和などを盛り込んだロードマップを策定中であることを明かしつつ、感染の第二波に警戒するよう呼びかけた。



 

■「まだ東京は感染拡大の最中」

会見冒頭、「39県の緊急事態宣言を解除する」と安倍晋三総理大臣が14日表明したことに触れた小池知事。

「東京都については引き続き特定警戒都道府県のまま。(緊急事態宣言期間である)5月31日までは、これまでと同じように外出自粛、施設の停止、催し物の停止をお願いしたい。まだ東京は感染拡大の最中。なのでステイホーム、ステイ・イン・東京、ソーシャルディスタンスについて、引き続きご協力いただきたい」と訴えた。


関連記事:小池都知事の緊急会見に「これこそ不要不急」と批判 高須院長もバッサリ

 

■「ロードマップ」の中身

ロードマップでは「新規感染者が1日20人未満」「感染経路不明50%未満」など7項目の条件を設定し、それをモニタリングしつつ、状況に応じて外出やイベント開催、施設再開などの緩和措置をとっていくと説明した小池知事。

13日には10人、14日には30人と都内の新規感染者数はおさまりを見せつつあり、最短では6月1日からロードマップが適用される可能性もあるが、「もし緩和後に複数の基準を上回った場合は再び休業要請」(小池知事)を出す方針だ。

小池知事は、「今日お示ししたのは骨格。今後市区町村の方々や、経済団体の意見を聞きながら検討を重ねていき、ここに肉付けをして来週中には公表したい」と“出口戦略”を急ピッチで進めていることを明かした。


■第二波への警戒も

全国的に緊急事態宣言が解除されようとしている中、油断は禁物と会見中も再三訴えた小池知事。

「今後予定されているのが感染の第二波。いまはある程度落ち着いて来ている。この時間を有効利用して、PCR検査センターの設置支援、検査体制の拡充、最大で4000床の病床確保など医療体制の整備を進めていく」とさらなる施策を打っていくことを明かしている。

・合わせて読みたい→共産党・小池書記局長、非常事態宣言に伴う損失に十分な補償を要請 「自粛と補償はセット」

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤星生