コロナの影響で「応募が殺到している仕事」とは 転職市場に起きた変化

転職市場にも影響を及ぼしている新型コロナウイルス。現状についてキャリアコンサルタントに聞いた。

話題

2020/05/16 12:00


 

■厳しい状況にある企業は…

それでは、転職市場はどのように変化しているのだろうか。浅賀さんは、非常事態宣言が発令されてから企業が一般消費者に向けて行なう「B to C」の業種は「軒並み厳しい状況です」と現状を話す。

また、海外がロックダウンした影響も大きく、海外輸入が必要な事業を行なっている会社も厳しい状況にあるようだ。


関連記事:小島みなみ、あざとい女子になるためのテクニック 「私だったら…」

 

■応募が殺到している会社も

反対に、募集が増えたのは「医・食・住」に関わる仕事。特に、緊急事態宣言が発令されてからは、在宅ワークに必要なものを取り扱う会社やデリバリーサービスを行なっている会社の募集が増え、それとともに応募者も殺到しているそう。

浅賀さんによると、デリバリーを扱う某会社では、4月の応募者数が1月の3倍以上あったというデータもあるほど。

昨今のように経済不況が訪れると「安定企業」を探す人が増えるが、今回のように状況が読めない場合、転職した会社が必ずしも「安定企業」とは言い難いため、今後訪れる経済不況に備えて「自分自身のキャリアを見つめ直し、キャリアを積む事で安定をつかむよう頑張ってほしい」と転職をする上でのアドバイスをくれた。

次ページ
■小売や医療の募集状況