スピード違反の女性に「ヤラセてくれたら見逃す」 21歳警官が強姦罪で起訴

警察学校で、「人権の尊重」について真剣に学んだばかりだった若い警察官。モラルはどこへ…。

社会

2020/05/17 10:40

アメリカ警察官
(TheaDesign/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

公務員における職権乱用や悪用の罪は重い。ましてやパトロールや取り締まりなど、市民と接する機会の多い警察官が職権を振りかざすようなことは、あってはならないはずだ。



 

 

■スピード違反で捕まった女性

米国・ルイジアナ州セントランドリー郡のポートバリーで、ダーウィン・フォンテノットという21歳の男の警官が逮捕され、第三級強姦罪で起訴された。フォンテノットは郡刑務所で矯正職員として働いた後、2019年11月に警察学校を卒業し、正規に採用されたという。

性的暴行の被害を訴えたのは、今年3月、国道90号線を車で走っていたときに、フォンテノットにスピード違反で呼び止められていた同郡在住の一般人女性。プライバシーを重んじ、名前などは明らかにされていない。


関連記事:深夜ナイフで襲われ60歳女性が股間に重傷 37歳男に終身刑が下る

 

■「俺と寝るなら」と交換条件

フォンテノット被告はスピード違反を犯した女性に、「俺と寝るなら見逃してやってもいい」と交換条件を提案。女性に性行為を迫った。

女性は最近ほかの道路交通法違反でも捕まっており、減点の累積を恐れて提案に合意。こうして2人は被告の仕事が休みの日に会い、肉体関係を持ったという。

次ページ
■「非番なら問題ないと」

この記事の画像(1枚)