養子への虐待癖が止まらない鬼母 少年に首輪をはめナイフで切りつけ逮捕

愛することができないのに、なぜ4人もの養子を迎えていたのだろうか。

社会

2020/05/17 15:40

少年虐待
(Serghei Turcanu/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

養子を迎えて縁組し、愛情深く育てている家庭が多いアメリカ。だが時おり、極めて陰惨な傷害事件の話題が伝えられることがある。



 

 

■薄情な女が4人の子を養子に

5月上旬、米国・フロリダ州サンタローザ郡の町であるペースで、パトリシア・ハイラーという47歳の女が、家庭内暴力、傷害、未成年者への虐待ほか複数の容疑で逮捕された。

夫と共に4人の子供たちを養子として育てていたが、夫の見えない場所で子供たちに日常的な虐待を続け、うち1名には重傷を負わせていたのだ。


関連記事:夫が娘への性的虐待で生活が破綻 妻は「自分自身も被害者なのに…」

 

■14歳の息子を忌み嫌う

“鬼の養母”パトリシアによる常軌を逸した虐待行為は、2018年の4月から今年の4月20日まで約2年続いていたという。中でも7年前に養子に迎え、現在14歳の息子A君は一番の被害者だった。

首には犬用首輪とチェーンがはめられ、窒息の危険すらあったA君。食べ物もわずかしか与えられず、枕も布団もない不潔なコンクリートの床に寝かせられ、シャワーはホースの水のみ。ホームスクーリング(家庭での学習)に替えるという理由で学校も辞めさせられていた。

他の3人の子供たちは、パトリシアの目を盗み、自分たちの食べ物をA君に少しずつ運んでいたという。

次ページ
■夫が出かけると態度が豹変

この記事の画像(1枚)