暗闇を駆け抜けるローカル電車が美しすぎる 「不思議な世界」

ツイッター上で、暗闇の中走る、越後線の様子が「銀河鉄道」のようだと話題を呼んでいる。

話題

2020/05/17 18:40

越後線
夜を走る越後線(画像提供:笹祝酒造)

新潟の酒造会社「笹祝酒造」が14日、地元を走る電車の魅力的な風景をツイートしたところ、「幻想的で素敵」「泣ける」と、ネット上で魅了される人が相次ぎ、拡散されている。



 

■暗闇の中、光の電車が駆け抜ける

「田んぼに水が張られ苗が伸びるまでの少しの間だけ、越後線は銀河鉄道になります」とコメントを添え、JR越後線の電車動画を公開した笹祝酒造公式アカウント。撮影したのは、同社6代目の代表である、笹口亮介さんだ。

田んぼの水面を車窓の明かりが照らしながら電車が駆け抜ける。こうした風景に、笹口さんはアニメ『銀河鉄道999』や童話作家の宮沢賢治の作品『銀河鉄道の夜』に登場する風景と重なるところがあると感じた。


関連記事:消毒用アルコール生産の日本酒蔵元 コロナ感染者受け入れのAPAホテルに消毒液を寄付

 

■越後線の魅力は…

笹口さんは日頃からこの風景が大好きで、よく眺めているそう。またそんな風景以外に、途中駅である「内野駅」を通過すると乗客の方言が変わることもこの路線の魅力だという。

「内野駅を越えると建物が少なくなって、社内に光が目一杯入ってきます。外から写真を撮ると空がいっぱい広がって写るところが好きです」と撮影の楽しみ方も語ってくれた。


■魅了された人続出

今回のツイートは、15日18時時点で3万近い「リツイート」と、10万近い「いいね」がつき、拡散されている。

リプライ欄では、「情緒的で心に響く風景ですね」「いいねを永遠に押したいくらい素敵」「この景色は心の清涼剤」と魅了された人が続出。

一方で、「千と千尋の神隠しを思い出します」「不思議な世界を稲が伸びるまでのしばらくの間、毎年見られるのですね」と、その神秘的な光景に想像を膨らませるユーザーも散見されている。

・合わせて読みたい→笹かまをちょっとアレンジするだけで「コスパ最強のおつまみ」が誕生した

(取材・文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(1枚)