高橋真麻、育児中の心境の変化語る 「面倒をみるのは当然と思ってた」

高橋真麻がブログで育児に対する心境の変化を語った。ファンから共感の声が寄せられている。

エンタメ

2020/05/17 05:00

高橋真麻

フリーアナウンサーの高橋真麻が16日、自身のブログを更新。育児の大変さや夫の育児参加について語り、多くの反響が寄せられている。



 

■夫に感謝を伝える

今月1日に第一子を出産した高橋は、坐骨神経痛の治療のため、退院後初めて外出をした。外出中は夫が子供の面倒をみているようで、「授乳もオムツ替えもしてくれるので本当に助かります」と感謝を伝えている。

高橋は「今まで夫婦2人の子供なんだから、旦那さんが面倒をみるのは当たり前じゃないの?」と考えていたという。しかし今は「そんな事はどうでも良くて、旦那が手伝ってくれたらただただ有難い。助かる〜の一言です」と心境の変化を語った。


関連記事:高橋英樹、一変したオフィス街の光景に驚き 「協力しあいましょう」

 

■育児で驚いたこと

続けて「当たり前だとかやってほしいとか、もうそんな感情ぶっ飛ばしてただただ助かる…。居てくれて、やってくれてありがとう…。むしろ神々しさすら感じます…」と、正直な気持ちを吐露した。

実際に出産・育児を経験したことで多くの気づきがあったようだ。同日更新した投稿では「今日は1時間ちょっとの外出でしたが、家の外に出ることがこんなに気分転換になるんだ!」と驚いた旨を語っている。

次ページ
■「甘えてるって思われたくない」