カンニング竹山、複数のコロナ感染者から気づいた共通点を告白 「怖い…」と騒然

『アッコにおまかせ!』にカンニング竹山が出演。コロナ克服の知人と話すなかで”気づいたこと”を明かした。

話題

2020/05/17 14:00

カンニング竹山

17日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、先週から引き続き、一時間まるまる新型コロナウイルスを特集。リモートでモニター越しに参加したカンニング竹山のあるエピソードが、視聴者の間で話題になっている。



 

■「予防をきちんとしていた」

仕事上のインタビューなども含め、新型コロナウイルスに感染し、その後退院した人に話を聞く機会が何度かあったと話す竹山。すると、ある共通点が浮かび上がってきたという。

それは「手洗いやうがいなどの予防をきちんとしていた」「どこで感染したか分からない」という点。「気をつけていても感染する」というメッセージ性に、スタジオからは悲鳴が。

これに長野保健医療大学の特任教授・北村義浩氏は、「意識しなくても、手洗いまでに手すりなどを触っているかもしれない」「潜伏期間が長い人だと2週間あるから、覚えていない(こともある)」と解説し、警鐘を鳴らした。


関連記事:新型コロナ対策として「顔を洗うときに気をつけること」 NHKが注意喚起

 

■視聴者も「恐ろしい」

竹山自身も「怖いと思った」と語ったこのエピソード。視聴者からも「そういうパターン多いらしいですよね。恐ろしい…」「やっぱり完璧な予防というのはないんでしょう」と多くの悲鳴が。

実際、感染経路不明者は新規感染者数の半数前後を占めるケースも多く、5月に入りその割合が全体的に減ってきたとはいえ、まだまだ分からない場合が多いようだ。

次ページ
■熱中症と紛らわしい