ボロボロの新生児遺体が池のほとりに 内臓はオオトカゲに食われたか

誕生間もない赤ちゃんは、なぜ、いとも簡単に命を奪われるような場所に捨てられてしまったのか。

社会

2020/05/18 08:40

タイのオオトカゲ
(dimakig/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

生まれたばかりの赤ちゃんが捨てられてしまった。しかも獲物を狙う、危険な生き物が生息している池のほとりに…。むごたらしい事件がタイ南部から報じられた。



 

■黒いビニール袋から異臭

11日午前、タイ南部のナコーンシータマラート県にある池のほとりで、男の赤ちゃんの遺体が発見された。

友人と共に池に遊びに来ていた10歳の少年が、奇妙な悪臭を放つ黒いビニール袋を発見。中を確認したところ、全身がボロボロの赤ちゃんの遺体が入っていたため、警察に通報したという。


関連記事:「無料撮影してあげる」 カメラマンを名乗り母子に近づいた女が誘拐未遂

 

■内臓を食い尽くされる

赤ちゃんは男の子で新生児。遺体は内臓を失っており、現場の状況から、池の付近に生息するオオトカゲに食い散らかされたものと考えられるという。

誕生後のまだ生きている赤ちゃんが捨てられ、オオトカゲに命を奪われたのか、それともすでに死亡していた赤ちゃんをオオトカゲが食べたのか、警察は司法解剖の結果を待ってから判断するとしている。

次ページ
■新生児を遺棄した親を追う

この記事の画像(1枚)