前澤友作氏、ひとり親応援企画で身分を偽る人へ 投稿に「法的措置」の文言も

ZOZO創業者の前澤友作氏がツイッターを更新。ひとり親応援企画に、偽って応募してきた人がいたことを明かした。

エンタメ

2020/05/18 17:40

前澤友作氏

ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が、18日にツイッターを更新。ひとり親を応援する企画に、身分を偽って応募してきた人がいたことを明かした。

ネット民からは怒りのリプライが届くとともに、前澤氏がツイート内で使った「法的措置」という単語に注目が集まった。



 

■ひとり親応援の10万円配布企画

発端となったのは前澤氏が10日に発表した「前澤ひとり親応援基金」の創設。ひとり親を支援する制度で、第一弾の企画として現金10万円を1万人のひとり親に配布することを明かしていた。

5月15日締切、5月18日入金開始とスピード感溢れる動きも注目を集め、すでに応募は締め切られていたのだが……。


関連記事:前澤友作氏、ひとり親応援基金に届いた批判を明かす 「神経疑う…」

 

■証明書類を偽造した人も

前澤氏によると、当選者の中にひとり親だと偽り、証明書類を偽造して10万円を受けとろうとする人がいたそうで、「善意の企画なので悪いことやめましょう」と呼びかける。

泣き顔の絵文字を使っているだけに怒っているのかと思いきや、「偽造書類を送ってしまった人は事務局宛に自己申告してください。今なら怒りませんし、法的措置も取りませんので」と述べた。

次ページ
■「あり得ない」「法的措置を」