『鬼滅』ファンに配慮した集英社の対応に称賛 「本当に好きな作品だから…」

ついに最終回を迎えた人気漫画『鬼滅の刃』だが、同作のファンに配慮した集英社の計らいが注目を集めている。

話題

2020/05/18 20:30

少年ジャンプ

18日発売の『週刊少年ジャンプ』24号にて、大人気漫画『鬼滅の刃』が完結した。しかし同号には最終回の内容以上に、読者を驚かせた仕様が存在したよう。



 

■2冊買う読者が多いワケ

希少価値がつくと思われる品を早急に買い占め、転売を行なう人々が「転売ヤー」と揶揄されている昨今。人気作の最終回が掲載されている事情から、今週号の『ジャンプ』も都内のコンビニではほとんど売り切れの状態となっていた。

しかしネット上を見ると、転売目的でない読者も「2冊買わなければいけない」事情があったようだ。


関連記事:『鬼滅の刃』最新巻めぐり本屋行列や高額転売 ファンから怒りの声も

 

■大事にしたいファンは…

その原因は、『ジャンプ』に同梱されていた応募者全員サービスの応募用紙。『鬼滅の刃』のカラー複製原稿2枚と複製原稿21枚をゲットできるファン垂涎のサービスだが、なんと応募するためには『鬼滅の刃』最終話の最後のひとコマを切り抜かなければいけないのだ。

正確にいうと応募シートの記入欄は最終話のページの裏側に設けられており、応募シートを切りとることが必然的に漫画本編のワンシーンを切り抜くことになってしまう。

次ページ
■集英社の対応は

この記事の画像(1枚)