激安スーパー・ロピアの『カツ丼』がデカすぎ 完全に胃袋破壊を目標にするレベル

激安スーパー・ロピアのカツ丼、デカすぎ…

グルメ

2020/05/20 11:30

精肉店を経営する企業が母体のスーパーマーケット『食生活 ロピア』は、美味しくて安い肉類をはじめとした安価な商品が並ぶ、激安スーパーとして知られている。


画像をもっと見る

 

■ドカ盛りカツ丼の衝撃

商品はどれも安くて質が良いのだが、さすが肉店のスーパーマーケットなだけあり、肉を使った総菜や弁当のコストパフォーマンスは他店の追随を許さないものと言っていいだろう。

その中でも、とんでもなくコスパがいいのが1人ではとても食べきれないほどの量がある、ドカ盛り弁当。記者が訪れた日は、カツ丼のドカ盛り弁当が販売されていた。


関連記事:埼玉県のスーパーが始めた『飲食店も助かる新型コロナ対策』が最高すぎる

 

■1キロを余裕で超える重量

値段は798円とリーズナブルなのに、鬼のように詰められたご飯の上に大きなカツが3枚。ティッシュ箱を余裕で超える面積の、超ド級のデカ盛り具合である。

重さも容器を入れて1278グラムと、余裕の1キロオーバーを達成。普通の人なら胃袋破壊必至のレベル。ちなみにシンガプーラという種類の猫ちゃんは成猫時の重さがだいたい2.5キロぐらいなので、この弁当2つで猫ちゃんとおなじぐらいの重さと覚えておこう。

次ページ
■家族で分けると超満足

この記事の画像(7枚)