ステイホームで気づきも… 「不動産屋の話と違う」と思った部屋3選

新生活でわかってきた住宅のトラブル。「聞いてない」と思う人も。

ライフ

2020/05/21 12:00

家の中で困った男性
(liza5450/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

緊急事態宣言による外出自粛要請で、自宅に籠もる人が増加。家にずっといることで、騒音問題など住宅に関するトラブルも増えたと聞く。

とくに4月は新生活を始める人が多く、引っ越し早々ずっと家にいることで「不動産屋から聞いていた話と違う」と感じてしまう人もいたようだ。


画像をもっと見る

 

■「話と違う」と思ったことはある?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の引っ越し経験者1,563名を対象に、「引っ越し先の部屋が聞いていた話と違っていた」ことがあるか、調査を実施した。

結果、「引っ越してきた部屋が聞いていた話と違っていた」と答えた人は14.4%だった。


関連記事:中国のコロナ新規感染者、4月下旬以来の高水準 武漢でクラスター

 

■地域で違いはある?

さらに、部屋が聞いていた話と違った経験を持つ人を地域別に集計した。

最も高い割合となったのは四国で20.0%。以下、九州・沖縄、東北と続く。どのようなときに「話が違う」と感じたのか。複数の人に聞いてみた。

次ページ
①静かな部屋ではなかった

この記事の画像(3枚)