コロナ社会の必需品か 除菌アイテムを持ち歩いている人は3割

新型コロナの感染予防として、除菌アイテムを活用している人も多い。携帯用のものも、多く販売されている。

ライフ

2020/05/21 11:30

除菌シート

新型コロナウイルスの感染予防対策に欠かせないのが、マスクと除菌アイテムである。除菌アイテムは携帯して、頻繁に活用している人も多いだろう。


画像をもっと見る

 

■「持ち歩いている」3割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に、「新型コロナウイルスの感染予防について」の調査を実施した。

除菌アイテムを持ち歩いているグラフ

「除菌アイテムを持ち歩いている」と答えた人は、全体で30.4%だった。


関連記事:元AKB・今井優「コロナ対策で除菌しすぎた結果…」 手の症状に共感相次ぐ

 

■安心感を得るために

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

除菌アイテムを持ち歩いている性年代別グラフ

除菌効果よりも、気持ちを落ち着かせることが目的になっている人も多いようだ。

「外出したときには、どうしても不特定多数が触ったものを手に取ることも多い。そんなときに携帯用の除菌スプレーを持っていると、それだけで安心感がある」(30代・女性)


「電車で手すりに触っただけで、ものすごく不安になる。そんな気持ちを緩和してくれるものが除菌アイテムなので、もうずっと手放せない」(20代・女性)

次ページ
■手洗いをしているので

この記事の画像(4枚)