霜降り明星・粗品、才能がすごすぎて作詞作曲まで手掛けてしまう

霜降り明星の粗品が、自身のYouTubeチャンネルに作詞作曲を手掛けた楽曲をアップした。

エンタメ

2020/05/21 05:15

霜降り明星・粗品

お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が20日、自身の公式YouTubeチャンネルに、作詞作曲を手掛けた楽曲をアップ。完成度の高い楽曲に、ファンから「才能がすごすぎる」との声が相次いでいる。



 

■「ボカロで曲を作りました」

粗品は同日にインスタグラムを更新。「ボカロで曲を作りましたので、良かったらYouTubeかニコニコ動画で見て下さい 」とお知らせしながら、楽曲を視聴することができる動画サイトのURLを記した。

こちらの投稿にも動画を短く編集したものが添付されているのだが、せっかくなので、一曲丸々聴くためにYouTubeのURLに飛ぶと、今回お知らせしたものを含め、2曲の楽曲がアップされている。


関連記事:霜降り・粗品、コロナ禍による6連休に辟易 「何してたか記憶ない」

 

■楽曲の完成度が高すぎる

粗品が今回アップした楽曲のタイトルは『ぷっすんきゅう』。メロディーと歌詞を入力することでサンプリングされた人の声を元にした歌声を合成することができる、ボーカロイド(通称ボカロ)を使ったもので、初音ミクが楽曲を歌っている。

一聴すればわかると思われるが、とにかく楽曲の完成度がすごい。軽快なメロディー、それに合わせて紡がれていく叙情的な歌詞はさすがのワードセンスなのだ。最初にアップされている『ビームが撃てたらいいのに』も、聴いていてワクワクする良曲である。


■ファン絶賛「才能ヤバすぎ」

粗品の手掛けた楽曲を聴いたファンからは、その多才さを絶賛する声が続出。「才能ヤバすぎ」「天才すぎる! さすがです!」「何ができないんですか?」といったコメントが寄せられている。

『M−1グランプリ』と『R−1ぐらんぷり』の2冠を唯一達成。そしてフジテレビの「月9」枠のドラマにも出演。さらに、作詞作曲までできてしまうのだから、ファンがただただ圧倒されてしまうのも無理ないだろう。

・合わせて読みたい→先輩芸人がお笑い第7世代への不満爆発 霜降り・粗品に「お前は悪魔だ!」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも