「俳優業の危機」訴えた西田敏行 好感度を調査してみると…

日本俳優連合の理事長として「俳優たちの収入が失われている」と危機を訴える声明と要望書を国に提出したことも話題になっている西田敏行について、好感度調査を実施した

エンタメ

2020/05/23 19:20

西田敏行

日本を代表する俳優のひとりとして、長年芸能界で活躍する西田敏行(72)。主演を務めた代表作に映画『釣りバカ日誌』シリーズや、テレビドラマ『池中玄太80キロ』シリーズなどがある。

また、30年以上続く人気バラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送系)では上岡龍太郎の後を受けて2代目局長を務め、情に厚い姿勢が人気に。

昨今のコロナ禍においては、日本俳優連合の理事長として「俳優たちの収入が失われている」と危機を訴える声明と要望書を国に提出したことも話題になっている。



 

■西田敏行は好き?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の西田敏行を知っている人1,671名を対象に好感度調査を実施した。

結果、「大好き」と「まあまあ好き」を合わせた割合は71.7%。かなり多くの人が、西田敏行を「好き」だと考えている。


関連記事:不倫騒動で芸能活動ピンチの東出昌大 女性からの不人気が浮き彫りに

 

■年代別に見ると傾向

西田敏行を「好き」と答えた人を年代別に見ると傾向が出た。

10代男性の割合が極めて高く、80.6%となっている。また、女性も10代は71.8%と最も好きな人が多い。長年演技を見てきた世代だけではなく、広い世代から好感を持たれている。

次ページ
■10代男性ファンの話は

この記事の画像(2枚)