26日からの自粛要請緩和にも期待 スシローの渋谷ジャックが話題に

新型コロナによる様々な影響下だからこそ、すしで笑顔一杯にしたいスシローの想いとは…

話題

2020/05/23 18:40

渋谷ジャック
(写真提供:スシロー)

東京都の小池知事は、国が25日に緊急事態宣言を解除した場合、26日午前0時から、休業や短縮営業の要請を段階的に緩和する方針を示した。

そんな中、渋谷駅周辺では、現在「スシロージャック」が行われており、SNS上で大きな話題となっている。しらべぇ取材班は、広報担当から詳しく話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■食事が特別な時間になるように

あきんどスシローは、年に一度のスシロー創業祭開催に伴い、キーメッセージ『すしで、笑おう』を発表した。うまいすしには、人を元気にするチカラがある。「今日は、おすしにしよう!」その一言で、うれしくなる。いつもの食事が、特別な時間になる。すしで、驚きを届けよう。

すしで元気を贈ろう。すしで人と人とをつなごう。どんなときでも、「うまいすしを腹一杯。うまいすしで心も一杯」と訴えている。


関連記事:スシロー、持ち帰り専用の「特上手巻き寿司セット」 内容がスゴすぎる

 

■天然まぐろを満喫できる第一弾

スシロー創業祭は、このメッセージのもと、第三弾まで開催。現在開催中の第一弾では、静岡を本拠に構え、60年以上続く老舗まぐろ問屋「八洲水産」とともに、スシローが一番自信がある天然まぐろを存分に楽しめる。

八洲水産が扱う天然インドまぐろは、豊洲のまぐろ仲卸や、清水の寿司名店にも認められ、本まぐろをも凌駕すると言われているそうだ。


■話題沸騰中の地下サイネージ

SNS上で話題沸騰中の渋谷地下サイネージ広告は、田園都市線渋谷駅中央改札外で実施中。これに出演している歌舞伎役者は、坂東彦三郎だ。「すごい光景で、ずっと見ていられる」「これ見たらスシローに行きたくなってしまう」といった声があがっている。

渋谷地下サイネージ広告は5月末までの開催で、渋谷スクランブル交差点周辺などでも、スシロージャックを楽しめる。新型コロナによる様々な影響が出ている状況だからこそ、「すしで、日本を笑顔で一杯」にしていきたいそうだ。

・合わせて読みたい→スシロー、まさかのGW「リモート里帰り」を発案 そのやり方は…

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(3枚)