たった1000円の盗みをめぐり大喧嘩勃発 男性が射殺される事件に発展

約1,000円を盗んだことがバレたものの、返すことを拒否した男性。それが原因で口論が勃発し、ついには殺人事件に発展した。

社会

2020/05/24 10:40

銃トラブル
(Natnan Srisuwan/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

たかが1,000円、されど1,000円。少額のお金をめぐり激高した男が、所持していた銃を男性に向けて引き金を引いた。



 

■お金を盗んだ男性

米国・オハイオ州で暮らしていた24歳の男が、父親とその同棲相手ヴィッキーさん、ヴィッキーさんの息子ジョン・ブッカーさん(36)が暮らす家を訪れた。

その目的のひとつは、弟のために用意したお金を父に託すこと。金額は30ドルで、日本円にして約3,200円程度だったという。

男がお金を棚に置いて帰ると、その後に家に入ったブッカーさんがお金を見つけ、それに手を付けた。ブッカーさんが盗ったとされる金額は約1,000円だったというが、気づいた男は怒り狂い、「お金を返せ」と要求した。


関連記事:「銀行に預けるのは不安で…」 大金を埋めた男性に起きた悲劇

 

■トラブルに発展

「お金を元の場所に戻せ」と言われて逆切れしたブッカーさんは、返金を拒否。しばしの口論を経て男はいったんは去ったが、その後に友人を伴い再びブッカーさんが暮らす家に戻ったという。

男とブッカーさんがあまりにも激しく言い争うのを見かね、ブッカーさんの母親が介入。喧嘩を止められたため、男はブッカーさんと外に出た。

次ページ
■断末魔の叫び

この記事の画像(1枚)