たった1000円の盗みをめぐり大喧嘩勃発 男性が射殺される事件に発展

約1,000円を盗んだことがバレたものの、返すことを拒否した男性。それが原因で口論が勃発し、ついには殺人事件に発展した。

社会

2020/05/24 10:40


 

■断末魔の叫び

そして男は、用意してあった銃を取り出しブッカーさんを撃った。

重傷を負ったものの即死を免れたブッカーさんは、「通報してくれ!」「撃たれちまった!」と絶叫。それを聞いた母親が通報しすぐに救急車を呼んだが、ブッカーさんは搬送先の病院で息を引き取った。

ブッカーさんを撃ったまま逃げた男は家族に電話をかけ、「あいつを撃つ必要があった」「だってお金を盗まれたんだから」などと話していたことも報じられている。


関連記事:ブラックな職場を辞めても怒りおさまらず… 男が元雇い主の娘を襲う

 

■容疑者を逮捕

事件発生後、警察はすぐに男の捜索活動を開始。写真も公開し、「行方を知っている人は情報提供を」と呼びかけた。逃げ切れないと思った男は、翌日に出頭して逮捕されたという。

1,000円を盗ってしまった30代男性と、それに怒り狂い殺人を犯してしまった20代の容疑者。苦しい経済状況にあったのかなどについては、明らかになっていない。

・合わせて読みたい→ソーシャルディスタンス確保も命がけ? 「離れて」と頼んだ老人が殴られる

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)