他人のベンツの窓を叩き割った男が放免に 警察が味方した正当な理由とは

「すぐに戻ってくるから大丈夫」。その油断の末にたくさんの悲劇が起きている。

社会

2020/05/24 13:00

自動車・窓ガラス・割る
(Manuel Faba Ortega/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

グシャ、グシャという鈍い音とともに、無残にも叩き割られた高級車のウインドウ。被害者はその行為に逆上し、警察に通報したが、駆けつけた警察官は男を「無罪放免」とした。



 

■砕け散ったベンツの窓

英国ウィルトシャー州のスウィンドンで18日午前10時すぎ、メルセデスベンツの後部座席の窓を叩き割った男がいた。

気づいたベンツの所有者はただちに通報。しかし、駆けつけた州警察の職員2名は鈍器を手にした男の罪を問わず、代わりに「被害者」を睨みつけた。なぜなら彼は、車内に生後14週のテリアのミックスを残して買い物に夢中だったのだ。


関連記事:ホラー映画にはまった10代少女 6歳男児を殺害し「満足しました」

 

■外気は20℃でも日差しで…

日差しが徐々に強くなっていた当時の駐車場。動物愛好家の男は「飼い主はいつ戻って来るのだろう。車内が暑くなれば子犬は死んでしまう。助けたい一心でベンツの窓を叩き割ってしまった」などと釈明し、警察官はそれに理解を示した。

一方、ベンツの所有者は、高級車に対するあり得ない粗暴な行為、器物損壊だと激怒。しかし警察官は、彼に「車内の温度はどんどん上昇する。窓も開けず、エアコンもかけずにペットを車内に残すのは動物虐待。買い物に夢中になっていた、あなたのほうが悪い」と厳しく諭した。

次ページ
■「すぐ戻る」はずが…

この記事の画像(2枚)