幼い娘にみだらな行為させ荒稼ぎ 動画販売の母親に155年の禁錮刑

実の娘を裸にして男に暴行させ、動画にしていた鬼畜の母親に、ついに厳罰が下った。

社会

2020/05/24 09:40

虐待・母親
(globalmoments/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

幼稚園児だった娘を裸にさせ、バスルームで成人の男にみだらな行為をさせていた実の母親。目的は小児性愛者の男に動画を販売することだった。



 

 

■バスルームで娘の体に…

非力な幼女を利用し、許されない方法で金儲けをしていた鬼畜の母親。事件が発覚したのは米国・ウェストバージニア州マーサー郡のプリンストンという町で、2019年4月のことだった。

母親は自宅のバスルームにカメラを持ち込み、さらに知り合いの男を招き入れていた。そこに当時5~6歳だった娘を裸にして入れ、男とともにみだらな行為を働きながら撮影。動画はSNSを通じて知り合った小児性愛者に販売されていた。


関連記事:40代男女が孫娘へのみだらな行為を動画に 驚きの実刑判決が下る

 

■Facebook管理者が通報

昨年4月、Facebookメッセンジャーの管理者から「全米行方不明・被搾取児童センター」に3本の動画に関する情報が飛び込み、マーサー郡保安官事務所も確認。そこから捜査がスタートした。

バスルームの浴槽と壁との間にできていたひび割れ、そして映り込んでいた成人女性の指に彫られた小さな「スマイルマーク」のタトゥーから足が付き、ついに警察は撮影していたエリザベス・ハウェイという母親を逮捕。検察側が300年もの懲役刑を求刑して話題になった。

次ページ
■仮釈放は88歳以降に

この記事の画像(1枚)