亡き夫の遺志を尊重か 遺体を冷凍庫で保存して起訴された妻の意外な行動

夫の死後、自宅で遺体を冷凍していたある女性。それがばれ起訴された女性の運命は…? 

社会

2020/05/24 17:40

冷蔵庫
(Sasiistock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

死んでしまった夫の遺体を自宅で保存していたとして、起訴されてしまった未亡人。その起訴は取り下げになったものの、今度は未亡人が怒りの訴訟を起こし話題を集めている。



 

■ある妻の決意

米国・ミズーリ州で暮らすバーバラ・ウォッターズさん(67)の夫ポールさん(71)は、筋肉の萎縮を伴う神経疾患があったことから、長いあいだ死を意識しながら暮らしていた。

そんな中、ポールさんは「僕の死後、研究用に脳を取り除かれてしまうのではないか」「臓器も取られてしまうかも…」と強い不安に襲われるように。宗教上の理由で臓器摘出には否定的なバーバラさんも不安を抱きはじめ、ついには「夫の死後は私が遺体を守る」と決意するにいたった。


関連記事:霊柩車が遺体ごと盗まれる 盗難被害を隠した葬儀屋に遺族が憤慨

 

■夫の遺体を保管

ずいぶん弱ったポールさんは、2018年になると家に引きこもるように。「夫の死が近い」と確信したバーバラさんは、大型の冷凍庫を購入しそれを寝室に設置。ポールさんは2019年に死亡し、バーバラさんは冷凍庫に遺体を入れた。

姿を見せなくなったポールさんを探していた警察は、必死に抵抗するバーバラさんの家に立ち入りポールさんの遺体を発見。当局はそれを機に「死体遺棄事件」としてバーバラさんを起訴し、バーバラさんについては精神的な問題がある可能性を指摘された。

次ページ
■裁判所の判断

この記事の画像(1枚)