2人に1人は「自称お人好し」 揉めごとがイヤで我慢を続ける人も

お人好しな人は、周囲から好感を持たれることが多いだろう。しかし、当人は我慢していることも多いようだ。

人間関係

2020/05/25 11:30

周囲の人とは、できる限り協調して生きたいものである。しかしお人好しが過ぎると、自分がつらくなってしまうので注意が必要だ。


画像をもっと見る

 

■「お人好しだと思う」半数超え

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「性格について」の調査を実施した。

自分はお人好しだと思うグラフ

「自分はお人好しだと思う」と答えた人は、全体で53.9%だった。


関連記事:自分はわがままな性格だと思う? むしろ振り回されたい男性も

 

■断ることが苦手

性年代別で見ると、20代から30代で男女間の差が大きくなっている。

自分はお人好しだと思う性年代別グラフ

お人好しの人は、断ることが苦手である。

「私は基本的に断ることが苦手なために、どんな誘いでも付き合ってしまう。友達の中では『付き合いがいい』と喜んでもらえるけれど、心の中では行くんじゃなかったと思うときもある。


とくに、本来は人見知りなので、まったく知らない人がいる集まりに誘われるのが苦痛で…。そんな場所に連れられてもニコニコしているから、また誘われるのだろうな」(20代・男性)

次ページ
■付き合いが悪い男性

この記事の画像(3枚)