米津玄師、2作目ミリオン「馬と鹿」 『ノーサイド・ゲーム特別編』放送で再燃

24日の『ノーサイド・ゲーム特別編』の放送に伴い、主題歌「馬と鹿」に再度注目が集まっている。

エンタメ

2020/05/25 16:40

馬と鹿

昨年夏に放送された大泉洋主演ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)。

同番組の特別編の最終話が24日に放送され、それに伴いシンガーソングライター・米津玄師が書き下ろした番組主題歌「馬と鹿」にも再度注目が集まっている。



 

■ドラマとの相性が話題に

大泉が演じる、自動車メーカー「トキワ自動車」の社員・君嶋隼人が、ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーとして奮闘する本作。

かつては強豪だったチームを再建するために、もがきながら逆境を跳ね返していくストーリーは、「馬と鹿」の「まだ歩けるか 噛み締めた砂の味」「終わるにはまだ早いだろう」などの歌詞とリンクしていると注目が集まることも。

当時、実際にネット上では「鹿ドラマ相性半端ないな」「ねぇ…このドラマの主題歌、最っ高じゃない?」といったコメントも散見された。


関連記事:広瀬香美が『Lemon』を歌った結果… 「天才」「これは鳥肌」

 

■2作目のミリオン獲得

なお、楽曲単体としての人気も凄まじく、公式YouTubeに公開されている「馬と鹿」のMVは、24日時点で1.1億再生を超えている。

20日に「日本レコード協会」が発表した、有料音楽配信認定においては『馬と鹿』が100万DL以上に与えられる称号「ミリオン」を獲得。彼のミリオン認定の作品としては、トリプルミリオンの「Lemon」に次ぐ2作目だ。


■放送後の反響は…

そして、24日の特別編は、未放送カットの他大泉洋のナレーションが加わった充実の内容であり、君嶋とラグビー部の最後の戦いは手に汗握る展開を迎えた。

放送後、ネット上では大いに盛り上がりを見せ「昨夜のノーサイドゲーム特別編最終日。やっぱり良い所での馬と鹿は泣けました」「また、改めて『馬と鹿』の良さを実感しました!」「盛り上がる場面での馬と鹿に何度泣かされたことか」と改めてドラマと主題歌の相性の良さを実感したという声も多い。

特別編の放送を経て、「馬と鹿」がさらにセールスを伸ばす———なんてこともあるかもしれない。

・合わせて読みたい→『あさイチ』博多大吉の全力ダンスに騒然 「放送事故レベル」「癒やされた」

(文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事の画像(2枚)