鍵に興味をもった3歳児に悲劇 火事で家から出られず一酸化炭素中毒死

2~3歳の子供たちは日常生活のなかで、「施錠」という行為を強い興味とともに見るようになる。

社会

2020/05/25 10:00

子供・鍵
(Tetiana Soares/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ガチャンという音とともに玄関ドアが固く締まり、締め出された相手は中に入れず困ってしまう。そんな様子が楽しく、「施錠」をちょっと意地悪ないたずらとして覚えてしまう幼児は少なくない。

だが解錠の仕方はわかっているのだろうか。オーストラリアで最近起きた、ある火災の話題が人々の関心を集めている。



 

■手をつないだ幼い姉妹の遺体

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州のバトローで今月18日、シングルマザーのタンキア・フォードさん(29)と3人の子供が暮らす民家から火災が発生。火元は居間の暖炉だった。

消防隊員はその後、焼け跡から幼い子供たちの遺体を発見。3歳の双子の娘で、仲良しだった2人は最期にも手をつないでいたという。


関連記事:悪質なコロナ感染者かチャレンジか 他人の家の玄関ドアをなめる若者たち

 

■背後で「ガチャン」と玄関が…

もはや自力で火を消し止められないと悟ると、タンキアさんは最初に5歳の息子ジェフリーくんの手を引いて家の外へ。動かずそこで待つようにと諭していた。

するとその時、普段から鍵に強い興味を示していた双子の娘アイシャちゃんとライラニちゃんが、内側から「ガチャン」と玄関の鍵をかけてしまった。3歳児独特の純粋ないたずらとはいえ、タイミングがあまりにも悪すぎた。

次ページ
■煙に襲われ動けなくなる

この記事の画像(1枚)