幼稚園の再開に伴う「園からのお願い」 対応に追われる保護者も…

全国で緊急事態宣言が解除され、幼稚園や保育園でも登園再開の動きが見られる。そうした中、保護者たちが対応に追われている問題が……

話題

2020/05/26 06:00


 

■「子供用マスク」準備に追われる人も

第2波への懸念から、いまだ油断を許さない状況であることは変わりない。女性は「覚悟はしていましたが、今後登園日数が増えてくると子供用マスクが足りるか心配です。布マスクを手作りする予定です」と話す。

登園再開時には、多くの保護者たちが「子供用マスクの必要性」を感じていたものの、緊急事態宣言が予定よりも早く解除されたこともあり、インターネット上では「6月から幼稚園復帰なんだけど、マスクどうしようかな。子供用マスクの備えがないし…」「幼稚園始まって必須ですって書いてあるのにどこにもない。残り8枚ほど…子供は二人。どーしよ」など、子供用マスクの準備に困る保護者たちの声も散見される。


関連記事:小池都知事、新型コロナウイルス「第二波」を警戒

 

■まだ再開しない園では…

一方、緊急事態宣言が解除されても、すぐには登園を再開しない対応を取る園も。都内在住の女性が娘を通わせている認可保育園では、25日夕方の地点で「6月末からの登園再開」という方針は変わらず。

休園期間中は、親がスマホやタブレットを操作しながら行う「オンライン保育」も実施され、「子供は楽しそうなのでありがたい」としつつも、早期から登園が再開される園もある一方で「6月頭からの再開、羨ましいです」とも話していた。

大人用のマスク以上に入手困難とされる子供用マスク。登園再開に伴い、一気に需要が急増しそうだ。

・合わせて読みたい→ミルクボーイ内海、1か月ぶりのトレードマーク復活に「待ってました!」

(取材・文/しらべぇ編集部・越野 真由香

この記事の画像(1枚)