ノンスタ石田、自宅収録は「無理です」とバッサリ その苦労とは

お笑いコンビ・NON STYLEの石田明がリモート収録の苦労を語った。

エンタメ

2020/05/26 07:30

NON STYLE・石田明

24日、お笑いコンビ・NONSTYLEの石田明が自身のブログを更新。リモート収録を行なう上での難しさについて語ったことが話題を呼んでいる。



 

■リモート収録の難しさ

新型コロナウイルス予防のため昨今の芸能界では、自宅からのリモート収録がもはや当たり前に。

そんな中、石田は「我が家は無理です」とバッサリ。続けて「家は家族のものだし、自分の仕事部屋にも鍵なんかつけてない。子供たちも入りたい放題で生配信なんかしてたら余裕で入ってきて生配信に参加してしまう」とリモート収録の際の苦労を語った。


関連記事:アンガールズ田中、リモート収録ならではの恐怖語る 「地獄の時間が2秒ある」

 

■ネットでは「苦労を知れた」

自宅で収録を行う場合、「やるとしたらみんな寝かしつけてから。それもコソコソ起こさないように話すことになる」とも語った石田。そんな苦労を吐露したブログのコメント欄では「リモート収録も大変なんだなぁ」「子供がいる家は難しいよね」「意外なところで芸人さんの苦労を知れた」といった声が多く、舞台裏の大変さを理解した人も多いようだ。

他には「家族にもしっかり気を利かせられる石田さん偉い」といったコメントも。どうやら石田の「家族に迷惑をかけまい」とする姿勢が評価されている模様。


■家族思いな石田

売れっ子芸人であり、家族思いな父親でもある石田。過去のツイートでは「そりゃ仕事が終わったら直帰したくなるやろ」と添え、娘たちと楽しそうに遊ぶ様子を投稿。

仕事中には見せない石田の微笑ましい姿がみられたとしてネット上で話題を呼んだ。

家族たちに気を使って自宅でのリモート収録を断っているとのことだが、子供たちが乱入して大騒ぎする様子も、それはそれでファンたちは喜ぶのかもしれない。

・合わせて読みたい→博多大吉、『あさイチ』リモート出演への不満吐露 「なんでこんなに…」

(文/しらべぇ編集部・北田力也

この記事の画像(1枚)